セルフィカ

16388356904_0cfe37cbe4_b

セルフィカ

セルフィカ は、私たちの宇宙の基本的な型のひとつ“らせん” に基づいた古代の科学で、人類のはるか昔に起源します。古代エジプト人やケルト人、アラブ人にも知られており、紀元前8世紀まで利用していました。

セルフは、 “らせん” を意味し、セルフィカは、生命エネルギーを一点に集め方向づけるためのらせんと金属の実際的な使用法です。セルフは、主として金と銀から作られます。

金と銀は、最も良い伝導体だからです。銅と真ちゅうも大変、適した素材です。

ダマヌールが聖なる森に何kmものサーキットを作り始めた頃、迷路(ラビリンス)の研究への関心が世界中至るところに広がり始めまし た。シャトルの大聖堂にあるような古代の迷路(ラビリンス)のデザインは、今日では、プラスチックシートに再現されており、どこにいても歩くことができます。

セルフは、知性あるエネルギーと考えられます。金属の部分は肉体にたとえることができます。私たちの存在のプランに入るように準備された金属のボディに宿り、”相互のスピリチュアルな進化のために人類と協力し合うのです。

どのセルフも、それをつけたり使っている人間と共生の関係を築きます。

セルフは、プログラムされた機能を実行するための特別な器官をもっています。

セルフは、寸法均整、コイルの数が完璧で、そして正しい材料で作られなくてはなりません。

セルフのために特別に準備されたインクや塗料が使われます。

現代物理学は、まだセルフィカが基礎に置いているエネルギーの種類について熟考していません。ウィルムヘルム・ライヒのオルゴン・エネルギーの実験やデ・ラ・ウォーの神秘的な放射線についての実験から、いくらか説明されています。カール・グスタフ・ユングが シンクロニシティ と呼んだ法則に従って、時空の外で働くように見えるものです。

スフィロセルフ

ダマヌールでは、研究グループが、セルフィカの普遍的原理を研究し発展させて“クラッシック”セルフや非常に効果的なセルフを創造してきました。30年以上も使用し、試験し、さらにもっと複雑なスフェロセルフやクリスタルセルフ のような構造物も創造しました。

世界中で最も大きなセルフの構造物は人類の神殿です。壁や床のなかに隠されており、300トンもの回線や接合が含まれています。

セルフの種類や機能を見る

PAGE TOP