ダマヌール市民

コミュニティー話し合い

ダマヌール市民

ダマヌールは「多様性」と「変容」を基盤としています。「変容」は、社会や政治制度などコミュニティーのすべてに適用されており、これらの制度は、 これまでに何度も改正を繰り返してきました。また、ダマヌールの意思決定方法は、選出された代表者と組織による効率的な民主主義制度を生み出し、市民は公 開討論において重要な役割を果たします。

一つのコミュニティーから始まったダマヌールは、今日、連合体(フェデレーション)にまで発展し、個人が選択できる様々なレベルの市民権を提供して います。ダマヌールの市民になるために、ダマヌールに住む必要はありません。ダマヌールの近くに住んで活動にだけ参加することもできますし、地球の反対側 に住んでいてもいいのです。

在住市民とサポート市民

在住市民;

在住市民とは、精神的にも社会的にもダマヌールを最大限に体験することを選択した人々です。ダマヌールのコミュニティに住み、連 合体の発展のために各自の時間と資質を積極的に提供しています。在住市民になるためには、ダマヌール憲法10条に定められているように、ダマヌールをよく 知るための時間と明確な選択が必要とされます。

サポート市民;

サポート市民とは、ダマヌール以外の地に住みながら、ダマヌールのプロジェクトの意義を認識し貢献することを選択した人々です。 サポート市民は、ダマヌールのコミュニティに住むことなく、各自が、関心を持つダマヌールの体験に参加することができます。各個人の希望と生活状態によ り、様々なかたちで連合体の発展に寄与することができます。

★より詳しい情報を望まれる方は、是非、ダマヌール日本が主催するセミナなどにご参加ください。


革新的な提案:ダマヌールの或る期間の市民になりませんか?

ダマヌールでは、ダマヌールの市民になりたいと願う人全てに対して、そして、ある期間だけ市民になりたいと願う人に対してもその可能性が開かれました。あなたはそのことに興味がありますか?

すでにダマヌールのことを知っているか、または初めてダマヌールについて知ったかはあまり重要な問題ではありません。私たちは、偶然は決してないと考えています。ですから、あなたが今このページを読んでいるとしたら、あなたにも何かしら関わりがあることなのでしょう。

ダマヌールは、40年前より未来に向けた開かれた実験室として存在しており、今更なる加速と変容の時を迎えています。最近、世界 中で政治的にも社会的にも大きな変化が起こっています。こういった状況において、私たちは互助と共有に基づいたコミュニティーの生活は、あらゆる困難を成 長の過程へと変容させることのできる強力な手段であると信じています。

ダマヌールは、偉大なプロジェクトを抱えています。それは、私たちの様々なアイデアや実現したことを通じて、全世界に対して一つ の肯定的な例となることです。そして、この新しい社会モデルが、現代社会の価値観としては衰退傾向にある、多様性、精神的探求、環境を保護することに価値 を与えることで、憂慮するべき世界の状況をがらりと変えていくのです。

“人類の神殿”は、この精神的プロジェクトの核であり、未来に向けた“民族達の神殿”の発展は、人類全体のために希望のメッセージを具体的に表そうという取り組みです。

新たに“ある期間”の市民権の可能性が開かれるという状況は、まさに再創設の瞬間です。そのためにやってくる人の貢献は、一緒に生きてくための新しい方法を試みるためにとても重要な意義をもたらすでしょう。

ある期間の市民になるという意味は、最低でも三ヶ月は、ダマヌールの一つのコミュニティーのなかで、その生活に参加してお互いの認識を深めていくということです。

ある期間の市民のプログラム

ある期間とは、少なくとも三ヶ月以上という期間を意味します。その期間は、A市民と同様にダマヌールの中の一つのヌークレオ(コ ミュニティー)の中で生活します。唯一の絶対条件は、衣食住という基本的な生活は自分で支えるということです。(つまり、必要な生活費は自分で準備し、A 市民同様の生活費は支払い、経済的に自立しているということです。)

このプログラムは、最低3ヶ月以上という期間にわたって参加できることが条件です。そして、ゲストとしてではなく、A市民と同等 の生活体験がヌークレオコミュニティーのなかで与えられます。ですから、どのヌークレオコミュニティーに参加するかによって生活の基本となる住環境は異な ります。キャンピングカー、または、ビダラッコや他の場所にあるダマヌールの所有する建物をこのプログラムのために修復するなどして、A市民の積極的な受 け入れ態勢によってこの可能性が実現します。どのコミュニティーに参加するかは、様々な条件を考慮して決定される予定です。

このプログラムに参加する期間は、A市民と同様の可能性を与えるという視点から、セラータ(毎週催される公開講義)の入場料免除、この期間に参加するオラーミ ユニヴァーシティー主催のセミナー参加料金は、A市民と同様の金額で参加できるという恩典が与えられる予定です。

A市民としての体験ということですから、コミュニティー内の当番や会議や作業はコミュニティーの一員として同等に参加できます。 この場合、必要な人全てに各コミュニティーで通訳がつくという前提はありませんが、自分の力でコミュニケーションをして、実地体験の中から自分が言葉の壁 を越えイタリア語を身につけるチャンスでもあります。

また、メディテーションの学校に参加していない人であっても、今回のプログラムに参加申し込みの可能性が開かれています。


もしあなたが興味がおありなら、メイルでお知らせください。

英語、イタリア語の場合:newlife@damanhur.it

日本語の場合:dugongo@damanhur.it

PAGE TOP